公開履歴
    満足する男性

    ED治療薬としてレビトラを利用している地域は、主に東南アジアに集中しています。
    なぜかというと、この周辺の地域でED治療薬が作られていることが非常に多いからです。
    先進国では、医療の権利関係の問題で先発医薬品の権利が切れるまではジェネリック医薬品を作ることができないという欠点があります。
    しかし、東南アジアではこうした権利関係の法律的な穴が存在しますので、これを見込んで薬を作っていることが非常に多いのです。
    実際に、インドの会社ではED治療薬だけではなく頭皮に関する専門的な治療薬など様々なジェネリック医薬品を作っています。
    薬を作るときには、必ず先発医薬品の権利関係に関してきちんとした手続きをしなくてはならないので、好き勝手にジェネリック医薬品を作ることができないわけです。
    実際に、レビトラに限らず日本国内で認可されている三つのED治療薬の原産国を見れば、ベトナムやインドといった東南アジア系の国がほとんどです。
    こうした国で作られた薬が、個人輸入を利用して日本国内に入り込んでいますので日本国内が原産で世界に販売されている治療薬はごく少数であるということを理解しておかなくてはいけません。
    少なくとも、ジェネリック医薬品に関しては法律的な制限が厳しいので入手するにも工夫が必要になります。
    レビトラそのものに関しては、日本国内でもクリニックに行けば処方してもらうことができますので利用する地域として名前を挙げることができますが、こうした薬でさえも日本国内で自由に流通しているというわけではありません。
    あくまでも認可を受けて許可されているだけなので、少なくとも日本の一般市場ではレビトラなどの薬は入手できないわけです。

    最近の投稿
      アーカイブ
        人気記事一覧
          サイト内検索